電子お薬手帳を基盤とした医療情報連携システム harmo 服薬情報から始める人と人のつながりづくり

  • 他の電子お薬手帳との違いは?導入までのフローは? 医療機関・薬局の方はこちら 医療機関の方へのメリット、導入について詳しくはこちら 薬局の方へのメリット、導入について詳しくはこちら
  • 使い方は?どこで使えるの? 一般のお客様・患者様はこちら 入会簡単でどこでも利用できるライト会員サービス開始!

医療を取り巻く状況は大きく変わっています

少子高齢化や患者ニーズの変化、疾病構造の変化(急性疾患から慢性疾患へ)等により、一つの病院ですべてを完結する「病院完結型医療」から、各病院が個々の特性を発揮し、地域の病院、診療所、薬局、介護施設などと連携して、患者様の診療・治療を行う「地域完結型医療」の実現が求められています。

地域で患者様を見守るうえで重要となるのが、医療関係者の間で患者様の情報を共有し、連携することです。

「服薬情報」には、
患者様を見守る医療関係者の
"共通言語"の役割があります

医療関係者が共有すべき情報の一つに患者様の「服薬情報」が挙げられます。服薬情報に関する課題は、医療、介護、そして患者様、すべての関係者に存在しています。とりわけ近年問題視されている残薬、ポリファーマシー(多剤処方)などは、服薬情報が一元管理されていないことが原因の一つといわれています。
各地で地域包括ケアが推進されるなかで、服薬情報は、患者様の状態を把握するだけでなく、治療や予防に役立てる「共通言語」としての役割があると注目されています。

このような背景のもと、服薬情報をー元的・継続的に管理でき、医療関係者間で活用できるツールが求められています。

harmoは

患者様自身で服薬情報を簡単・確実に一元管理でき、それを医療関係者が共有し活用する、
電子お薬手帳を基盤とした医療情報連携システムです。
適正な薬剤使用、残薬、ポリファーマシー(多剤処方)、服薬アドヒアランスといった課題解決に貢献するとともに、効率的な医療と介護の提供をサポートしていきます。

さらに、患者様への安心もサポートする
「医薬品に関する緊急安全性情報・安全性速報」の配信サービスを開始しました。
医薬品に関する緊急安全性情報・安全性速報」の配信サービスを開始しました。
このサービスは、一般社団法人 くすりの適正使用協議会(※1)の協力のもと、参画を希望する製薬企業の情報を配信するものです。
配信サービスに参画する製薬企業一覧はこちら 別窓

本サービスは、厚生労働省より医薬品の安全対策措置に関わる緊急安全性情報・安全性速報が発信された際に、対象となるお薬が処方された患者様のスマートフォンにお知らせを配信します。
このお知らせにより、患者様はご自身が服用している薬に関する情報を、タイムリーかつ正確に把握することができ、医療機関・薬局等に相談をする等の対応が迅速に取れるようになります。

  • ※1 一般社団法人 くすりの適正使用協議会は製薬企業を中心とした会員から成る、医薬品を正しく理解し適正に使用することの啓発活動を通じて人の健康保持とQOL(※2)の向上に寄与することを目的とする団体です。ソニーは2016年11月より賛助会員となっています。
  • ※2 QOLとは、Quality of Life の略であり、「生活の質」と訳され、一人ひとりが人間らしく満足して生活しているかを評価する概念です。

harmoについて、各種詳細は下記にてご紹介しています。

  • 他の電子お薬手帳との違いは?導入までのフローは? 医療機関・薬局の方はこちら 医療機関の方へのメリット、導入について詳しくはこちら 薬局の方へのメリット、導入について詳しくはこちら
  • 使い方は?どこで使えるの? 一般のお客様・患者様はこちら

PAGE TOP