医療機関・薬局の方へ 電子お薬手帳を基盤とした医療情報連携システム harmo

医療機関の方へのメリット、導入について詳しくはこちら 薬局の方へのメリット、導入について詳しくはこちら

“地域包括ケア”を支える
医療情報連携システムとして
harmoをご活用ください

harmoはPHR※1型の医療情報連携システムです

harmoは患者様が自身の服薬情報を一元的に管理し、それを医療提供者に提示することで、
地域の医療提供者間で患者様の情報を共有する、PHR型の医療情報連携システムです。

患者様自身がカードを常に携帯して管理。医療機関や薬局のタブレットにカードをかざします。

  • ※患者様にharmo加盟店でカードを作っていただく必要があります。

harmoは単独での運用でも、
EHR※2型の地域医療連携システムと共存する形でも
効果を発揮します

地域包括ケアの推進にあたり、施設間や多職種間で医療情報を共有する環境が求められています。
医療政策の後押しもあり、主に大病院を中心として、医療機関で管理していた情報を
地域で共有して連携を図る、EHR型の地域医療情報連携システムの整備が進んでいます。
PHR型のharmoは、EHRとはしくみや目的が異なるため、
harmo単独はもちろんのこと、既にEHRが導入されている環境でも、効果を発揮します。

EHRを用いた情報連携のしくみ

  • 主に情報開示病院の
    診療情報全般を利用 診断情報
  • 患者様の
    同意を事前に取得したうえで
    情報を共有

harmoのしくみ

  • 患者様の一元化された
    服薬情報に特化 服薬情報
  • 患者様が
    都度意思表示をして
    情報を共有

  • ※1 PHR(Personal Health Record):個人が自らの医療・健康に関する情報を収集・保存・活用するしくみ。
  • ※2 EHR(Electronic Health Record):電子カルテを中心とした医療情報を複数の医療機関で情報共有するしくみ。
  • ※3 患者様にharmo加盟店でカードを作っていただく必要があります。

電子お薬手帳を基盤とした、医療の情報連携システム
ソニー「harmo」4つの特長

harmoは、電子化のメリットを最大限活かしながら、個人情報に配慮した仕組みを採用。
他の電子お薬手帳にはない高い安心・安全をご提供します。

(以下でご紹介しているサービスは「カード会員」※向けの特長です。)

ライト会員について詳しくはこちら

導入事例

harmoは、サービス開始後続々と医療機関・薬局に導入されており、今後さらに増加が見込まれています。
個人情報に配慮した独自の情報管理システムと、幅広い世代の患者様にご利用いただけるシンプルなサービスで、
多くの医療提供者から評価をいただいております。

札幌市手稲区

人口14万人

  • 札幌薬剤会
  • 手稲渓仁会病院

さいたま市

人口122万人

  • さいたま市薬剤会

横浜市

人口 369万人

  • 横浜市薬剤師会
  • 横浜市立市民病院
  • 済生会横浜市東部病院
  • 汐田総合病院

川崎市

人口 143万人

  • 川崎市薬剤師会
  • 聖マリアンナ医科大学病院
  • 川崎市立川崎病院
  • 川崎市立多摩病院
  • 川崎市立井田病院

滋賀県

人口 140万人

  • 滋賀県薬剤師会

豊中市

人口 39万人

  • 豊中市薬剤師会

神戸市

人口 154万人

  • 神戸市薬剤師会

サービスご利用可能店舗を見る

現場で感じる!導入医療機関・薬局の方からの声

harmoを導入されている医療機関・薬局の方から
お話を聞かせていただきました。

地域の医療機関での取り組み(病診薬連携)

地域医療の情報連携ツールとしての活用事例

2016.12.08 神奈川県川崎市

  • 中核病院

    川崎市立川崎病院様

  • 診療所

    ナビタスクリニック川崎様

  • 中核病院

    アイン薬局 アトレ川崎店様

詳しくはこちら >

薬局での取り組み(薬薬連携)



「高い持参率を実現」「患者様との情報共有のチャンス」

導入された薬局・医療機関の方の声

薬剤師会の座談会レポート

PDFでご覧いただけます。

※掲載内容は取材時点のものです。

他の導入事例一覧を見る

特殊な機材は使わずご利用いただけます

病院・診療所では、インターネット回線のみでご利用いただけます。
薬局では、お使いのレセコンがNSIPSに準拠したデータを出力できれば、レセコンにharmoをつなげるだけでご利用いただけます。
(一部のメーカーのレセコンでharmoとの接続検証が必要な場合がございます。お気軽にお問い合わせください。)

設置・運用はシンプル 必要なのはNSIPSに準拠したレセコンとインターネット回線です。

設置・運用はシンプル 必要なのはNSIPSに準拠したレセコンとインターネット回線です。

*NSIPSとは、日本薬剤師会が提案する薬局向けコンピュータシステム間の連携システムです。
NSIPSは社団法人福岡県薬剤師会の登録商標です。(商標登録 第5214610号)

接続環境について詳しくは

病院・診療所の方はこちら 薬局の方は方はこちら

他の電子お薬手帳との互換性も備えています

電子お薬手帳の標準データフォーマットに対応

harmoは、JAHIS電子版お薬手帳データフォーマット仕様書Ver.2.0※1に対応しています。
患者様がharmoに加盟していない薬局で調剤を受け取った場合でも、JAHISに準じたQRコードが提供されれば、スマートフォン用アプリ、薬局側のタブレット※2、どちらからでもQRコードを読み取って、お薬の情報をクラウドサーバーに保管することができます。

  • ※1 JAHIS電子版お薬手帳データフォーマットは、一般社団法人保健医療福祉情報システム工業会によって策定されている標準データフォーマットです。
  • ※2 タブレットからのQRコードの読み取りは、順次対応予定です。
  • QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

詳しくはこちら >

「電子お薬手帳相互閲覧サービス(e 薬Link)」
に対応しています

「e 薬Link(イークスリンク)」は、(公社)日本薬剤師会が提供する、異なる電子お薬手帳サービス間の情報を相互閲覧できるようにする仕組みです。harmo は、電子お薬手帳の相互閲覧サービスに対応しています。
詳しくは、同サービスの webサイト別窓をご覧ください。

各種メディアでも紹介されています!

harmoの先進的な取り組みや安全・利便性に、多くの注目が集まっています。

2016.05.16
【タウンニュース】川崎市薬剤師会が目指す川崎市のこれからの医療とは
2016.05.16
【タウンニュース】市薬剤師会が考えるもっと便利で身近な医療の未来とは
2016.05.16
【タウンニュース】子育て中のママ・パパ必見、harmoアプリで家族の薬もワンタッチで楽々管理
2016.05.16
【タウンニュース】電子おくすり手帳、カード1枚で便利に節約・安心を財布に入る持ちやすさ、安全面にも配慮
2016.04.15
【薬事日報】お薬手帳サービス「harmo(ハルモ)」を通じヘルスケア領域の情報インフラ構築へ④
2016.03.30
【薬事日報】お薬手帳サービス「harmo(ハルモ)」を通じヘルスケア領域の情報インフラ構築へ③
2016.02.26
【薬事日報】お薬手帳サービス「harmo(ハルモ)」を通じヘルスケア領域の情報インフラ構築へ②
2016.01.29
【薬事日報】お薬手帳サービス「harmo(ハルモ)」を通じヘルスケア領域の情報インフラ構築へ①
2016.01.20
【テレビ東京】WBSワールドビジネスサテライト「深刻化する"残薬"の実態」
2015.11.30
【薬事日報】医療・ヘルスケア専門会議でも注目 ソニーのカード型電子お薬手帳「harmo」

メディア掲載情報の一覧はこちら

導入のメリット、お申し込みについて詳しく見る 医療機関の方はこちら 薬局の方はこちら
じっくり資料で検証 資料請求はこちら

PAGE TOP