harmo

メニュー

知っておきたいお薬手帳

「どうしてお薬手帳が必要なの?」「使うとどう便利なの?」など、気になるお薬手帳の疑問にお答えします!

Qお薬手帳が電子化されると、どういいの?

A携帯しやすくなるほか、お薬の情報をより長く・正確に保存できます。

おくすり手帳の電子化
電子化普及の背景は...
お薬手帳は、お薬の飲み合わせチェックの効果が期待され、国の制度として普及が推進されるようになりました。東日本大震災の際には、病院や薬局などの医療インフラも大きな被害を受けました。そのためお薬手帳なしで避難した人は、ふだん飲んでいる薬の特定が難しくなり、避難生活中の治療再開に時間がかかりました。
被災地での医療活動を通じてお薬手帳の有用性が改めて認識され、お薬手帳を電子化し、携帯性の向上を目指す動きが広がっています。
電子化によるメリットは
★携帯性の向上
カード型やスマートフォンの電子お薬手帳にすることで、財布に入れておくなど常に携帯できるようになります。電子化によって、お薬手帳をあまり持参していない若年層や中年層の持参率が上がることも期待されます。
★薬剤師の業務効率の向上
患者様の服薬履歴が正確に把握できるようになり、調剤と服薬指導もより適切に、かつスムーズに行うことができます。
★副作用リスクの低減
より多くの情報を元に調剤できるため、副作用リスクの低減にも貢献します。
電子化の将来性
電子化により、患者様と薬剤師、医師、看護師など、多職種の医療従事者との情報共有が期待されます。さらに救急医療や介護のスタッフなどとも連携し、地域医療を支援するツールとして、「薬の履歴の電子化」にとどまらない可能性を持っています。
電子化による情報の安全性
電子化によりお薬の情報管理は簡単になりますが、心配されることは「情報が安全に管理されるかどうか」。とりわけ個人情報を含むデータの扱いには、セキュリティの確保がより強く求められます。各種ある電子お薬手帳には、データの「保存先」「保存方法」に違いがあることに気を付ける必要があります。
データがクラウドサーバー(harmoデータセンター)に保存されている場合、個人情報と医療情報データを切り離して保存する方法をとれば、不正アクセスがあっても情報が漏れることを防げます。またクラウドサーバーにデータがあるため、スマホを紛失したときなども、データが失われることがありません。

harmoは…

カード型のお薬手帳です。スマホアプリであんしん便利!harmoアプリでいつでもお薬を確認!
➡ harmoについて詳しく見る

知っておきたいお薬手帳質問一覧