スマートフォンサイトはこちら

一般のお客様・患者様へ  > みんなの声 > 神奈川県 川崎市 N様

みんなの声

パパ・ママの方

薬局ではカードをかざすだけ。
お薬の情報はアプリでいつでも見られて、便利です

神奈川県 川崎市 N様

お客様プロフィール:
お子様二人(小学3年生男の子・4歳女の子)※取材当時
登録のきっかけ:
harmoカードを作ればスマホのアプリからお薬の情報が確認できると知り、便利だと思ったから。

子どものためにお薬手帳の管理はきちんとしたい

お薬手帳は、やはり子どものために使うことが多いです。以前実家にいるときに子どもが病気になって、病院で「普段飲んでいるお薬は何か」と聞かれたことがありました。
お薬のことをちゃんと管理しておくことが大事だと思いました。

薬局は、子どもが初めてお薬を処方されてからずっと同じ薬局を利用しています。
薬剤師さんには苦手な薬が何かなど、子どものことをよく把握してもらっています。
苦い薬を飲みやすいように、アイスクリームやゼリーと一緒に飲んでね…といったアドバイスもしてくれて、信頼しています。

harmoアプリで管理がしやすくなりました!

harmoは以前薬局で勧められたことはあったのですが、最初は断っていました。
ところが、カードを作ればスマホでも見られると知って、登録をお願いしました。
薬局ではharmoカードをタッチして、お薬の情報はスマホのharmoアプリで確認しています。
いざ使ってみると、とても便利ですね。紙のお薬手帳は冊子が増えてくると、いつのだったか分かりにくいのが難点でしたが、harmo アプリは、見やすく分かりやすいです。
子ども二人分となると、どんどん手帳が増えていきますが、かさばらないのもいいですね。管理がしやすくなりました。

苦手なお薬やアレルギーのことなど
お子さまの気になる症状を記入して、
薬剤師と共有できます

調剤されたお薬を服用して副作用があった場合、起きた症状をチェックする欄や、気になったことを記入できる欄があります。
ここに入力された情報は、harmoを導入している薬局、医療機関でも確認できます。
薬剤師や医師ときめ細かく情報が共有できるので、安心感も高まります。

みんなのひと言