ご利用に関するよくあるご質問

薬局だけに導入できるシステムなのですか?

harmoは薬局だけでなく医療機関でも導入できます。医療機関では、患者様の服薬情報の簡便な確認や、院内システムとの連携機能などをお使いいただける他、病診薬連携のツールとして活用している実績もございます。導入されている薬局、医療機関につきましてはこちらからご覧ください。医療機関の導入については、お問い合わせからご連絡ください。

harmoカードは患者様ひとりに1枚必要なのですか?

はい。1人につき必ず1枚必要です。カードにのみ個人情報を保存しており、患者様の情報を開示するための鍵としてお使いいただきます。

harmoカードが無くてもスマホだけでharmoは利用できますか?

レセコンから「電子お薬手帳用の二次元コード(※1)」の出力が可能でしたら患者様がスマートフォンにharmoアプリをインストールすることで利用可能となります。スマートフォンのみでのご利用の患者様を「ライト会員」(※2)と呼びます。
また、薬局にてharmoシステムをご導入していただいた場合は、harmoカードのみでのご利用も可能となります。この場合、スマートフォンをお持ちでない患者様でもカードでお薬の情報の一元管理が可能となります。カードをご利用の患者様を「カード会員」(※2)と呼びます。harmoシステムの導入についてはこちらをご覧ください。

※1 電子お薬手帳用の二次元コードとは、JAHIS電子版お薬手帳データフォーマットです。(JAHIS電子版お薬手帳データフォーマットとは、一般社団法人保健医療福祉情報システム工業会におって策定されている電子お薬手帳用の標準データフォーマットです。)
※2「カード会員」と「ライト会員」の詳しい違いについてはこちらをご覧ください。

harmoアプリを患者様へおすすめするメリットは何ですか?

患者様がスマートフォンにてお薬の情報を管理することができるようになります。さらにご家族のお薬の情報も管理することができるようになります。紙のお薬手帳のようにかさばらず持ち運びが便利になるだけでなく、服薬時間を教えてくれるアラーム機能など患者様の服薬をサポートする機能をご利用いただくことができます。

harmoシステムを薬局に導入するメリットは何ですか?

・患者様がスマートフォンをお持ちでなくても、電子的にお薬の情報が一元管理できます。
・お薬の情報はデータセンターでお預かりしていますので、カードやスマートフォンを無くしても、カードを再発行することでデータを復旧することができます。さらに、データセンターの情報を家族がスマートフォンで共有することで、家族間の見守り機能がご利用になれます。
・レセコンと連動してお薬の情報を自動的にデータセンターへ登録できるので、「二次元コードの取り込み」が不要となります。

患者様がharmoカードをタッチするのはどうしてですか?

患者様がカードをタブレットのカードリーダーにタッチすることで、はじめて薬剤師や医師が患者様の過去の調剤履歴を閲覧することができます。harmoカードは患者様の過去の調剤履歴を閲覧するための鍵の役割を果たしております。

患者様がharmoカードを忘れてきてしまった場合、データはどうなりますか?

紙のお薬手帳と同様に、その場では過去の情報を閲覧することはできませんが、harmoカードを忘れた場合であってもデータはサーバーに蓄積されます。

患者様がharmoカードを紛失してしまった場合、データはどうなりますか?

harmoカードはご利用になったことのある薬局でしたら再発行ができます。また再発行を行いますと、過去のデータを復旧できます。さらに紛失したカードは無効化されます。

レセコンの調剤情報をどのようにしてサーバーに保管するのですか?

レセコンからNSIPSという規格にて出力されたデータは、harmoシステムのPCへ取り込まれます。さらにharmoに加入してくださっている患者様のデータに関してのみ、個人情報と調剤情報を分離し、調剤情報だけをクラウドサーバーでお預かりいたします。ソニーでは患者様の個人が特定できるような情報をお預かりしないようにしておりますので、万が一データが流出したとしても、どなたのお薬の情報かがわかってしまうことはございません。個人情報分離技術について詳しくはこちらをご覧ください。

レセコンから取り込まれた調剤情報はすべてharmoのサーバーに保管されるのですか?

いいえ。harmoに加入してくださった患者様の情報のみをお預かりしております。

harmoに加盟していない薬局の情報も閲覧できますか?

harmoをお使いの患者様がharmo加盟薬局以外を利用されても、その情報をharmoに登録して一元管理することができます。患者様がharmo加盟薬局以外を利用される際には、その薬局で電子版お薬手帳用の二次元コードを発行してもらうことをお勧めください。

harmoに加盟していない薬局で、harmoの情報を閲覧できますか?

「電子お薬手帳相互閲覧サービス(日薬リンク付けサーバー)」を通じて、harmo加盟薬局以外の薬局でも調剤情報を閲覧してもらうことが可能です。閲覧するためには、患者様自身でharmoアプリ(スマートフォン)か、harmo webアプリ(パソコン)からワンタイムパスコードを発行できます。患者様にどちらかの登録をおすすめください。

harmoは、算定要件を満たしていますか?

電子版のお薬手帳を勧める場合は、利用者が閲覧に必要な機器等を保有しているか確認し、保有していない場合には、利用者が情報を把握できる方法(紙のお薬手帳等)で提供すること、と定められています(「厚生労働省お薬手帳(電子版)の運用上の留意事項について」第二の3)。したがいまして、利用者が閲覧するための機器(スマートフォン、パソコン等)を保有している場合は本項目の要件を満たすものと解します。利用者の状況をご確認の上、お勧めいただけますようお願い致します。

導入のメリット、お申し込みについて詳しく見る 医療機関の方はこちら 薬局の方はこちら
じっくり資料で検証 資料請求はこちら

PAGE TOP

PAGE TOP