互換性について

「服薬情報の一元化」を図るため、
他の電子お薬手帳サービスとの互換性も備えています

harmo は、JAHIS 電子版お薬手帳データフォーマット仕様書ver2.0※1 に対応しており、他の電子お薬手帳サービスと同一の規格を利用しております。また、データの閲覧に関しては、(公社)日本薬剤師会が提供する「e 薬Link」※2 に対応し、一元的に情報閲覧できる仕組みを整えております。

※1
JAHIS電子版お薬手帳データフォーマットは、一般社団法人保健医療福祉情報システム工業会によって策定されている標準データフォーマットです。
※2
「e薬Link(イークスリンク)」とは、(公社)日本薬剤師会が提供する、異なる電子お薬手帳サービス間の情報を相互閲覧できるようにする仕組みです。詳細はe薬Linkのwebサイトをご覧ください。
他の電子お薬手帳の情報もharmoに取り込める

harmo をお使いの患者様がharmo 加盟薬局以外を利用されても、その
情報をharmo に登録して一元管理することができます。患者様が
harmo 加盟薬局以外を利用される際には、その薬局で電子版お薬手帳
用の二次元コードを発行してもらうことをお勧めください。

❶ harmoアプリ(スマートフォン)をご利用の患者様

harmo アプリの「お薬登録」から二次元コードを読み取って、患者様
自身が調剤情報を登録できます。

❷ harmoアプリ(スマートフォン)を利用されていない患者様

harmo 加盟薬局のタブレットから二次元コードを読み取って、患者様
の代わりに調剤情報を登録できます。

どの薬局でもharmoの情報が閲覧できる

harmo ご利用の患者様の調剤情報は、「e薬Link」を通じてharmo加
盟薬局以外の薬局でも閲覧が可能です。閲覧するためには、患者様自
身でharmoアプリ(スマートフォン)か、harmo webアプリ(パソコン)
からワンタイムパスコードを発行します。患者様にどちらかの登録を
おすすめください。

患者様にとってのメリットは?

harmoに加盟していない薬局で調剤を受けた場合も、二次元コードを読み取れば、これまでのharmoのデータに追加することができます。

※患者様へ二次元コードのご説明をする際にはこちらをご覧ください。

薬局側はなにをすればいいのですか?

harmo加盟薬局で調剤された情報はこれまで通りharmoデータセンターに記録されるため、harmo加盟薬局様の作業フローに変更はありません。
患者様から非加盟薬局でのharmoのご利用についてお問い合わせがあった時にご案内ください。

その他の注意:二次元コードでの調剤情報の提供の方法については、各レセコンメーカー様にご確認ください。



導入のメリット、お申し込みについて詳しく見る 医療機関の方はこちら 薬局の方はこちら
じっくり資料で検証 資料請求はこちら

PAGE TOP

PAGE TOP