スマートフォンサイトはこちら

一般のお客様・患者様へ  > harmoニュース > 市民の健康啓発に医療関係者が協力。健康イベントを開催!

メディア2015/07/28

harmo導入地域 薬剤師活動紹介レポート(1)

市民の健康啓発に医療関係者が協力。健康イベントを開催!

電子お薬手帳サービス harmo(ハルモ)も出展しました

川崎市歯科医師会と川崎市が主催するイベント「お口の健康フェア2015」&「看護フェスタinかわさき2015」が開催されました。身近に頼れる健康管理のパートナーとして、薬剤師の役割をアピール。お薬手帳の意義と併せてharmoも出展、紹介されました。

お口の健康フェア2015&看護フェスタinかわさき2015とは?

「お口の健康フェア2015」

主催:公益社団法人 川崎市歯科医師会、川崎市協力医療団体:一般社団法人 川崎市薬剤師会、川崎市歯科技工士会、川崎市栄養士会

同時開催「看護フェスタinかわさき」

主催:公益社団法人 川崎市看護協会、公益社団法人 神奈川県看護協会 川崎支部

川崎市中原市民会館 2015年6月7日(日)

歯の衛生週間にちなんで、川崎市歯科医師会と川崎市が主催するイベント「お口の健康フェア2015」(同時開催「看護フェスタinかわさき2015」)が開催されました。歯みがき指導、入れ歯体験など、市民参加型の体験イベントをはじめ、多彩な内容を企画。市長も参加され、大勢の来場者で盛況となりました。

川崎市薬剤師会も協力団体として参加

薬剤師によるお薬相談や、血管年齢や骨密度が測定できる「いろいろな測定をしよう!」コーナーを設け、市民の方へ健康支援を行いました。
また現在、川崎市全域で試験導入されている「電子お薬手帳サービスharmo(ハルモ)」を紹介する「電子お薬手帳コーナー」も設けられました。
日頃は薬局へ行くことが少ない方も含め、市民の方々と直接触れ合うことができ、身近に頼れる健康管理のパートナーとして、薬剤師の役割をアピールする機会となりました。

川崎市では市民の方への健康啓発と、医療の地域連携を認知していただく一環として、医療関係者が協力し合い、定期的にこのようなイベントを開催しています。医療関係者同士が顔の見える関係となり、医療連携を高めることにもつながります。

  • 福田市長も来場されました

→次ページ 薬剤師の先生方が語るイベントの意義

  • 1
  • 2
  • 次へ