スマートフォンサイトはこちら

一般のお客様・患者様へ  > harmoニュース > 座談会実施!市民の健康サポートに貢献

メディア2015/1/29

川崎市薬剤師会でharmo座談会実施!
市民の健康サポートに貢献。薬局の評価もアップ。

患者さん、薬剤師さん双方から「使いやすい」と好評です。

川崎市薬剤師会のお取り組み事例
電子お薬手帳サービス「harmo(ハルモ)」をいち早く導入した神奈川県川崎市。
宮前区からスタートし、2013年12月より市全域への導入が決定されました。
導入後の評価や成果について、川崎市薬剤師会の皆さんに伺いました。

川崎市薬剤師会の皆さん 嶋会長:しま薬局 小林副会長:こばやし薬局 伊藤理事:有馬センター薬局 浅見先生:ミドリ薬局 金子先生:ミツワ薬局 吉澤先生:花梨薬局

課題の残るお薬手帳の普及

紙のお薬手帳だけでは普及層が限定的に

吉澤:紙のお薬手帳は、歯科や眼科など、たまたま出た薬を処方した方にお勧めしても、「とりあえずいらない」と言われます。とくに30、40代の男性の方に多いです。大学生とか若い方には、持っている方がいい理由を説明すると、「じゃ、作ります」となりますが、説得できる年齢層と、そうじゃない年齢層がありますね。

嶋:手帳を持っている人は7、8割くらいはいると思いますが、実際に持参してくれるのは、5割くらいが実情でしょう。普及率は高くなってきていますが、「持ってこなきゃいけない」という意識のある人は、まだそんなに多くないと思います。私の薬局は耳鼻科が多いのですが、単発だと必要ないという人もいます。慢性疾患の場合と、急性の場合とでちょっと違ってきますね。

金子:うちは、小児科の先生が受診の際に「お薬手帳を見せてね」と必ず言ってくれるので、ほとんどの方が持参しています。

嶋:ドクターが言ってくれるところは持参率が高いですよね。

小林:若い男性に多いのですが、たとえば会社帰りにお腹が痛くて…と病院に行った場合、普通は持っていないですよね。こういう方への普及が課題です。

嶋会長
嶋会長

harmo(ハルモ)との併用で、紙のお薬手帳の課題点解消にも

何度も作り直して薬歴がバラバラに…

吉澤:いつも手帳をお持ちになる患者さんで、「家にあるはずですが、なくなったから新しいのを作ってください」と言われて、作ったんです。しばらく使っているうちに、「前のが見つかったから前のに貼ってください」とお持ちになり、新しい方は家に置いてきちゃうんですよ。そうすると、前のが分断された状態になります。しばらくすると「またなくなっちゃった」ということで新たに作ると、また前のが出てきて「そっちに貼ってください」となる。もうどこからどう貼っていいのか分からないバラバラ状態になってしまいます。結局複数冊お持ちで、すべて中途半端な手帳なんですね。整理していないから分からない。これでは薬歴になっていないので、お薬手帳として意味がないと思うのですが。

小林:そういうときに、電子お薬手帳のharmo(ハルモ)を勧めるとかね。

吉澤:そうなんです。harmo(ハルモ)なら前のが全部入っているから。

伊藤:それって、他の薬局で出した薬も入っているんですよね。

吉澤:そうです。

紙の手帳はかさばる、傷む…

吉澤:昨日自分のお薬手帳を、お茶と一緒にバックの中に入れていたのですが、蓋が外れてお茶がこぼれてしまったんです。それで手帳が濡れてブヨブヨに…。えらく年季ものみたいになってしまって、紙だからこうなるんだと思いました(笑)。

小林:harmo(ハルモ)なら大丈夫ですよね。災害にあっても。

伊藤:クラウドサービスの利点ですよね。災害時にカードが水没したり、破損したりしてもクラウド側にはデータが残っています。 紛失した場合でも、再発行によって再度お薬の履歴を呼び出せます。過去の情報がまた繋がるのは、紙ではマネできませんよね。

金子:手帳だと何冊にもなっていくけど、カードは一枚きりなので、かさばらないですしね。

手帳を持参しない人が多い

吉澤:持ってきてくれない人は、だいたいお家に置きっぱなしになってます。一応、「持ってきてくださいね」と言ってシールを渡します。5、6回言ってるうちに持ってきてくださるんですが、全然シールを貼ってないわけです。そこで事務さんに今までの分のシールを出してもらって、全部貼っています。「大変なお手間をかけてすみませんでした」と言って、次回から持ってきてくれる方もいらっしゃいます。

浅見:ご年配の方は持って来てくださるのはありがたいのですが、ただ貼っているだけで、お薬手帳の中に昔の薬情が挟んだままになっているなど、あまりご覧になってないと感じます。来た時にハイハイと渡しているだけという方が多いようです。

伊藤:手帳を作る目的は、私たち医療従事者が患者さんに安全にお薬を提供することです。harmo(ハルモ)は、高齢者の方にとって「特別な操作をせず、カードを持って来てくれるだけでいいですよ」ということが魅力になると思います。

小林副会長
小林副会長

吉澤先生
吉澤先生

過去のお薬の履歴を閲覧できます薬局に設置されたタブレットやお持ちのスマートフォンで、お薬の履歴を見ることができます。さらに、harmo(ハルモ)を導入している他の薬局で受け取ったお薬の履歴も閲覧可能です。

個人情報は安心・安全に管理薬の履歴が保管されるクラウドサーバーは災害に強く、いざという時にも安心です。大切なデータが消えることはありません。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ