スマートフォンサイトはこちら

一般のお客様・患者様へ  > スマートフォンアプリについて  > harmoアプリの活用シーンを漫画でご紹介

子育て中のママ・パパにおすすめこんなとき、「harmoがあってよかった!」

子どもを病院に連れていく機会の多いママ・パパにとって、お薬に関するお困りごとはいろいろあるのではないでしょうか?
「突然病院に行った時、子どもが飲んでいる薬についてちゃんと答えられなかった」
「子どもが3人。立て続けに病気にかかると、薬の管理も大変」など。
harmoは、そんな「子育て中のママ・パパ」にぜひ活用してほしい電子お薬手帳です。

「harmoがあってよかった!」シーンをマンガでご紹介します

【シーン 1】 発熱でお迎え要請。病院へ。

お薬手帳がなくて、お薬の名前がわからない…

急に病院に行った時、お薬手帳を持っていなくて、
子どもの飲んでいるお薬の名前がわからず困った…ということはありませんか?

harmoがあってよかった!

  • いつも持っているスマホでお薬の情報が確認できます。
    飲んでいるお薬の情報を、いつでもお医者さんや薬剤師さんに正確に伝えることができ、
    お薬について適切なアドバイスがもらえます。
  • 「この薬は飲んだ後、少し眠気が出た」
    「こっちの薬はよく効いた!」というような、お薬を飲んでいて気づいたことをメモできます。
    お医者さんや薬剤師さんに伝えるときに便利です。

【シーン 2】 パパがお迎えと病院に。

前回、どんなお薬を飲んでいたっけ?

子どもの具合が悪く、ピンチヒッターでパパがお迎えして病院へ。
でもお薬手帳がなくて、お医者様からお薬のことを聞かれて答えられなかった…という経験はないでしょうか。
harmoは、共働きでパパかママどちらかが子どもを病院に連れていくご家庭に、助かる機能がたくさん!

harmoがあってよかった!

  • 家族の情報を登録しておけば、スマホアプリで家族の「お薬手帳」の情報が共有できます。
    ママとパパ両方のスマホで確認できるので、二人で子どもを見守れます。※
  • ママが仕事で病院に付き添えない時も、もらったお薬の情報をスマホですぐに確認できるので、安心です。
  • お薬の名前だけでなく、写真で確認できるので、粉薬か、錠剤かも一目でわかります。

※家族間でお子様の情報を共有するには、harmo加盟店で「カード会員」になっていただく必要があります。

【シーン 3】 子ども3人、同時に風邪薬を服用…

お薬がいっぱい。いつどれを飲ませるか間違えそう

風邪を引きやすいシーズンなど、家族みんながお薬を飲む必要があるとき。お薬の種類も増えて、間違えないように服用させるのが大変ですね。

harmoがあってよかった!

  • スマホ一台で家族全員の薬を管理でき、誰がいつどのお薬を飲むかがすぐにわかります。
  • アラーム機能で、薬の飲ませ忘れが防げます。
  • お薬を飲んだことも記録できるので、二度飲ませるなど、回数を間違えて飲ませてしまうことも防げます。

アプリを使い始めるには?

アプリのご利用手順 アプリの基本的な使い方 よくあるご質問

harmoアプリのダウンロードはこちらから

  • App StoreQRコード
  • Google playQRコード